健康に必要な要素

人は、失って初めてその有り難さに気付くというのはよく言われますが、その代表として挙げられるのが健康ではないでしょうか。健康に関することわざや言い回しは非常に多く存在します。その中のひとつに、「よいうちから養生」と言うものがあります。これは健康なうちから身体をいたわっておくことで、病気にかかりにくくなるという予防の大切さを表しています。身体が元気なうちはついつい身体に負担をかけてしまいがちですが、日頃から健康であることの大切さを意識した生活を心がけることが大切です。
そんな健康の大三要素としてよく言われているのは、栄養と運動と休養です。どれか一つだけに偏ってしまうと、健康どころか病気の原因になってしまうこともあります。程度は人によって異なるかでしょうが、この3つをバランス良く毎日の生活に取り入れることが健康であるための基本であるということができます。